新着情報

2002-06-23 13:56:00

『河北新報社』平成14年(2002年)6月23日

「凡庸な教師は、ただしゃべる。少しましな教師は、理解させようと努める。優れた教師は、自らやってみせる。本当に優れた教師は、心に火を付ける」。これは英国の教育学者、ウィリアム・アーサー・ワード氏の言葉である。

「ファシリテーター」という言葉をご存知だろうか。子どもの持つ潜在的な才能を引き出し、その子どもがさまざまな分野に参画していけるように促す人-の意味として各方面で使われているが、最近、新たな教育者の在り方として注目を浴びてきている。

今、学校教育についてさまざまな議論が交わされている。

管理型・画一型教育が子どもに知識の詰め込みを強要し、彼らを縛りつけている。子どもたちはそうした環境の中で個性を殺され、それが登校拒否や校内暴力という形になって表れている。だから子どもたちにもっと自由を与え、個性を伸ばしていくべきだ-というのが第一の認識。

逆に、子どもの人権の名の下に、個性重視、人権尊重を訴え、子どもに自由を与えすぎてしまったという意見もある。そのため子どもたちは、本能や欲求のおもむくままで、学校は荒れ放題になっている。むしろ、尊厳をもって子どもに対し、道徳や倫理をしっかり教え込むべきではないか-というのが第二の認識。

かくしてこの二極対立の意見は、多くの教育論議の場に上るわけである。

しかし前出の「参画」とは、一人ひとりが自由であると同時に、個人の行動に関しても、パブリック(公的)な行動についても責任を持ち、自分の最も自分らしい部分を実現する過程のことをいう。したがって、この子どもの参画を促すファシリテーターは、両極にある認識のどちらでもない第三の選択肢なのである。

最近は日本中で、地域の子どもたちがワークショップなどで議論を重ね、まちづくりや施設づくりに参画するといった話をよく聞くようになった。しかし日本には、昔から子どもが参画して街を変えた事例が存在するのである。

長野県飯田市は、大火で市街地がすべて灰と化した歴史を持っている。一九四七年のことである。復興計画は、米軍の指導で格子状の街並み区画整理が実施され、そこに幅員三十の都市計画道路が建設された。

現在、同市はリンゴ並木の素晴らしい景観に変わっているが、そのきっかけとなったのが、子どもたちのまちづくりへの参画だった。

地元の子どもたちが、区画整理された街に「リンゴの木を植えよう」と提案したのは、復興計画がスタートしてから五年後のことだった。しかし、その実現には、紆余(うよ)曲折があった。

市役所へ掛け合っても、維持管理の大変な実のなる樹木を公共の場に植えることはできない-といった抵抗に遭う。さらに当時は戦後の食糧不足の時代であったため、「リンゴの木を植えても、すぐに実を盗まれるのが落ちだ」とも言われた。

しかし、子どもたちはそれにもめげず、リンゴ並木計画の基本的な考え方を練り直して市役所との交渉に臨み、「『リンゴを盗まれて困る』と言うが、盗む気など起こさないような美しい心を持つ人々の住む街こそが、本当の美しい街ではないか」と訴え、結局その熱意が市を動かした。

こんなエピソードを聞くと、こうした意識を持つ子どもたちが偶然、飯田市に存在していたと思われがちだが、実は子どもたちの心に火をつけたファシリテーターとしての存在が、大きな要因だったのだ。ファシリテーターとは、どうあるべきか、どのようにしたらなれるのか、これこそが今後の教育における最重要課題であろう。

最後にもう一つ。ファシリテーターとは、ある特定の才能を持つ人だけがなるのものではなく、すべての人が誰かのファシリテーターになり得るということを付言しておきたい。

あなたは誰かの心の火を消してはいませんか?


1