新着情報

2016-08-15 17:51:00

 

世界が天然ガス自動車(NGV)を選択する理由(ワケ)は?

 

 

 

◆世界での天然ガスの利活用は日本でも進んでいる!その一つは天然ガス自動車だ!

 

天然ガス自動車は、世界では現在2,200 万台まで普及し、年間200 万台以上増加中(IEA 国際エネルギー機関調べ:2015 3月現在)。

 

 

 

CO2 排出量がガソリン/軽油車よりも低減し、窒素酸化物(NOx)、黒煙などの粒子物質(PM)などの大気汚染低物質の排出量が少なく、実は世界ではエコカーの本命と目されている!

 

 

 

◆未だ石油依存度98%!?東日本大震災当時、天然ガス自動車しか走れなかった理由・・・

 

2011 3 月の東日本大震災。被災地のみならず、都内のガソリンスタンドでも給油を待つ自動車の長蛇の列が…。

 

 

 

ガソリンなどの燃料供給網が麻痺し、被災地に物資の輸送をしたくともトラックを走らせることができないという事態に。

 

 

 

日本の輸送部門のエネルギー源は石油系依存度が約98%(※)という脆弱性が露呈。

 

 

 

そんな折、天然ガスを燃料にした輸送トラックが大活躍。震災時も津波被害に合わなかったスタンドは、ガスの中圧管は被害を免れ早期復旧しフル稼働。軽油・ガソリンの供給網ダウンを尻目に、天然ガストラックが被災地支援・復興にも奔走し貢献。

 

 

 

震災大国の日本のエネルギーセキュリティ対応策として、天然ガス自動車普及による“国土強靭化”は喫緊の課題に