新着情報

2005-01-04 18:29:00

『輸送経済』 平成17年(2005年)1月4日

 

役割はむしろ広がる
欧州の普及 乗って楽しいから

 燃料電池自動車が市街地で試験的に走行するようになり、次世代エネルギーとして燃料電池への注目が高まっている。究極のクリーンエネルギーといわれる燃料電離の登場で、ディーゼル車の役割はどう変わっていくのだろうか。
 金谷氏は「燃料電池社会の到来は大きな可能性を秘め、極めて重要だと考えている。だが、今の時点のCO2対策としてディーゼル車は非常に有効だ」と語る。
 燃料電池の普及は徐々に進んでいくというが、今後二十~三十年の間は、石油が主流エネルギーであり続けるという。金谷氏はそのことを踏まえながら、石油を最大限効率的に使う視点が重要と指摘。そのなかでディーゼルの役割はまだまだ十分にあると主張する。

 燃料電池は水素と酸素の化学反応を利用した発電システムだが、燃料となる水素を取り出すのに、石油は有力な素材のひとつ。
 水素はガソリンや灯油からは取り出しやすいものの、軽油や重油からは取り出しにくい。また、コストもかさむという。石油の精製過程では、軽油や重油は必ず出るため、ガソリンだけを精製するわけにはいかない。
 金谷氏は「今後、燃料電池が普及し、石油から燃料電池用の水素を取り出すのにもガソリンの利用が増える。その一方でディーゼル車を普及させ、軽油を効率的に利用していくことが、石油全体の利用やCO2削減にもと利にかなっているのでは」と指摘する。

 また、DME(ジメチルエーテル)を燃料にしたディーゼルエンジンのトラックも注目されている。 コープ低公害車開発や福山通運など民間九社と産業技術総合研究所は、DMEを燃料とした車両総重量八トンのトラックを開発。昨年六月ごろに長距離走行実験を行っている。
金谷氏は「DMEの利用が、将来どれくらい広がるかは見えにくい。ただ、日本のエネルギー自給率はわずか四%。自国のエネルギー確保などを考えるとひとつの選択肢として残したほうが良い。DMEの利用が広がってもディーゼルは十分活用できる」と太鼓判を押す。
DMEは通常、天然ガスや石炭からつくりだすことが多いが、バイオマス(生物資源)からも製造できる。

「日本は森林も多く、残材も十分。ゴミからもDMEは製造可能だ。数十年後にバイオマスを活用する時代が来ても、ディーゼルは生き残れる」という。 ディーゼルエンジンはトラックやバスだけではなく、乗用車でも効果を発揮できるのか。

一般ユーザーの潜在需要は高い
 金谷氏は「トラックは構造上、ディーゼルの利用は必然だが、乗用車には選択肢がある。ディーゼル乗用車がゼロ%に近い日本は、ヨーロッパと比べると著しくバランスを欠いている。地球温暖化問題などを考え、一定の乗用車割合をディーゼル車にシフトする効果は極めて高い」と語る。
 金谷氏によれば、ディーゼルの良さを見直そうとする試みも、マスメディアなどを通じて徐々に広がっているという。

 ディーゼルのイメージアップを図るのに最も効果的な方法を尋ねると、「一度ディーゼル車に乗ってみれば分かる。これまでの悪いイメージが吹き飛ぶはず。ヨーロッパでディーゼルが支持されるのは、環境意識が高いというより、乗ったら病み付きになることが一番の理由だろう」と身をもっての体験を薦める。
 「ユーザーの方がディーゼル車を潜在的に求めているのではないか。もう少しメーカーがディーゼル車の製造に乗ってほしい。触れるチャンスができれば、世論は一気に盛り上がり、CO2に関係なく、ディーゼルに乗りたいという声が高まるはずだ」という。
 今年から始まる新長期規制の排ガスについては、「NOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)の水準は、普通に生活する場面において、影響を与えることは、まずあり得ない」という。
 さらに、今年答申の出るポスト新長期規制になれば、NOxもPMもガソリン車並みになるとしている。

 これだけメリットを挙げられるディーゼル車が日本ではなぜ悪玉になったのか。
 金谷氏は、「交通システムや都市計画にも問題があった。ヨーロッパでは大型車の走行ルートと住宅街を区分し、物流ルートと居住空間のすみわけたが、日本ははじめからそのような思想がなかった」という。
 「大型トラックが高速道路などで住宅街から離れた場所で走る分には、大気汚染も問題にならなかったと思うが、民家のすぐわきを通る交通システムになっていたため、影響が顕著だった。大通りから二、三十メートル離れれば、大気の状態もぜんぜん違う」と話す。

 金谷氏は、環境対策と合わせて、行政が都市計画や交通システムを今後長期にわたって見直す必要があるという。
 「トラックは物流にとって必要不可欠。環境に加え、安全の視点からも、トラックのルートと居住空間を上手くすみ分けることで、さらに社会との調和を保てるはず。検討しても良い時期ではないか」と語った。